SnapBridge >>Nikonの一眼レフカメラとipadを連携

snapbrige カメラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はなみちです。

 

Nikonの一眼レフカメラで撮影した写真を、スマホやタブレットに転送するなら<SnapBridge>というアプリが非常に便利!

 

私はこのアプリをiPadに入れて楽しく活用しています。今回は操作方法や使用した感想を含めながら説明していきます。

 

スポンサーリンク

SnapBridge

 

まずは<SnapBridge>についてものすごく簡単にご説明します。

 

どんなアプリ?

 

<SnapBridge>はニコン公式のアプリです。

 

今回ご紹介するメイン機能である「写真の転送」も難しい設定がないので、是非お手持ちのスマホやタブレットにインストールしょうましょう。

 

もちろん無料ですよー

 

自動連携

 

カメラとスマホ(タブレット)をBluetoothで連携して写真を転送します。

しかも、撮影したら自動で転送してくれます。

 

もちろん気に入った写真だけを手動で転送することも可能!

 

リモート撮影

 

カメラから離れてシャッターが切れるリモート撮影も出来ます。集合写真や画角的に手で持って撮影出来ない時などに便利です。

さらに、スマホ画面にも撮影画像が写るので、しっかり確認しながら撮影出来る優れもの。別売りのリモートコントローラーを買うほどではない方には最適な機能です。

 

 

ザっと説明するとこのようなアプリです。

 

ねこ
ねこ

…簡単すぎな気もするけど、それだけ手軽なアプリということで。

 

iPadとSnapBridge

 

私はiPadに<SnapBridge>を入れて活用しています。スマホでも十分楽しめますが、個人的にはタブレットで楽しむのもありだなと思います。

 

大画面で写真を楽しめる

 

最大の理由はここですね!

ねこ
ねこ

まっ、そうだよね♪

それだけ?と思われるかもしれませんが、もちろんそれに対する理由があります。

 

所有している機体の画面を比べると、、

  • D5600 約3.2インチ
  • GalaxyNote8(スマホ) 約6.3インチ
  • iPad 約9.7インチ

 

ねこ
ねこ

スマホも割と大きくて驚き…

数字だけで見ると、スマホは約2倍、iPadは約3倍となります。

正直スマホでも十分大きいと思われるかもしれませんが、実際は大きく印象が異なります。

 

 

でも、大きな画面で見たいならパソコンで見ればよいのでは?

 

 

もちろんその通りなんですが、問題は『いつ』見るかが大事なんです。

 

ねこ
ねこ

『今で・・』。。やめときます。

 

 

撮影したらやはりその場で見たくなるものです。

しかし周りの方にカメラのモニターで見せてる間は撮影が出来なくなります。そのため、別の何かで確認してもらう必要あるので、例えばスマホを渡して見てもらうとします。するとみなさん割と同じことをします。

 

 

写真を拡大♪

 

 

 

寄り(アップ)の写真ならまだしも、全体の様子、風景などを撮影すると大体拡大します。それなら最初から大きな画面の方が便利かなと。

 

ねこ
ねこ

おもてなし

 

 

周りも気楽に見れる

 

これも大事な理由ですね。

 

どういうことでしょうか?

 

ipadもスマホも画面の大きさが違うだけで、操作ってほとんど同じですよね。そのため、写真が転送されたipadを渡せば、説明をしなくても勝手に写真を選びながら見てくれます。

 

では、カメラを渡してみるとどうなるでしょうか

 

今は割と簡単に操作できるので、直前に説明すれば大体使えますが、不意にボタンを押したりして画面が変わると困る方も多いです。

 

あと、カメラ=高価というイメージがあるのか、慎重な扱いをする人がいます。気楽に写真を楽しんで欲しいと思う私からすると逆に申し訳なくなります。

ただ高価なものであることも事実なので、雑に扱われると、それはそれで心配になるのが正直な気持ちです。

 

もちろんipadも高価ですけど、カメラよりか扱い慣れてると思うので。

 

まぁ~見る人が1人ならスマホでも十分なところですが、私が使用するシチュエーションでは複数人が見ることが多いのでipadは重宝します。

 

スムーズな共有

 

写真を見せたあとに言われること・・

 

くま
くま

この写真ちょうだい♪

むしろ、これを言って欲しくて見てもらってる部分も少しあります。単純に自分が撮影した写真を気に入ってくれた事はカメラマンとして嬉し限りなので。

 

こうなる場面ではスマホやタブレットに写真があれば、LINEなどメッセージアプリですぐ写真を上げることが出来ます。

 

LINEなどを使用する際、ipadがWi-Fiモデル(無線LANのみをネットワークとして使用できるモデル)の場合は、Wi-Fi環境が必要です。

 

ネットで購入出来るモデルは基本的に『Wi-Fiモデル』です。(商品名にも記載されています)

 

私はWi-fi環境がなくてもネットに繋がる様に、cellularモデル(LTE等の携帯電話のネットワークを利用して通信できるモデル)で契約しています。

 

ちょっとお金かかりますけど…

 

 

まとめ

 

1人で撮影をして楽しむ分には、特にipadは必要ないと思います。それこそカメラのモニターで十分です。あと、転送した画像はJPEGサムネイル画像(200万画素)となるので、画素数が下がります。

 

JPEG元画像や動画といった通信データ量が多いものは、カメラ側のWi-Fi機能を利用することで手動で選択して画像取り込みができます。       引用:(SnapBridgeアプリ – 概要

私はどちらかと言えば、風景よりスポーツなどみんながワイワイしているシチュエーションで撮影する事が多いので、写真を見たい人が周りに多くいます。あと、200万画素に画素数は落ちますが、スマホで見るぐらいならあまり気になりません。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

byはなみち

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カメラ
スポンサーリンク
ここまで見て頂けたらシェアお願いします♪
フォローする
Big-OneStep