カタログは一眼レフカメラの魅力を違った形で教えてくれます

Nikonのカタログ アクセサリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品には「カタログ」があります。

 

一眼レフカメラも例外なくカタログが用意されています。ネットからダウンロード出来る電子カタログではなく、紙で作られたカタログです。

 

現在はインターネットが普及しているので、D5600の情報が欲しかったらNikonなどの公式ホームページにアクセスすれば、どこでも簡単に素早く入手することが出来ます。

 

それでもカタログにはカタログの良さが多くあります。

 

この記事では、カタログだからこそ手に入る情報をお伝えいたします。

スポンサーリンク

アピールポイントが凝縮

 

さっそくD7500のカタログでアピールポイントを確認してみましょう。
画像は全て見開きを撮影しています。

 

D7500見開き1ページ目

『心が動く瞬間ってどんなときだろう』

 

D7500見開き2ページ目

「D500から受け継いだから凄い高画質なんだな」

 

D7500見開き3ページ目

「動いてるものもブレずにしっかり撮れるのはいいね」

 

D7500見開き4ページ目

「気軽に色んな所へ持ち出せるのは楽しいね」

 

D7500見開き5ページ目

動画もキレイに録れるんだ」

 

D7500見開き6ページ目

「Nikonの優秀なレンズがたくさん使える」

 

D7500見開き7ページ目

「フラッシュ内蔵で暗くても安心」

 

 

パラパラとページをめくるだけで、D7500がどんなカメラかイメージが出来てきたのではないでしょうか。

 

カタログに使用されている説明は、インターネットの説明をコンパクトにした内容となっています。
少し分からないところやもう少し詳しく知りたい時は、インターネットで確認するとスムーズにいきます。

 

このサイトを見て頂いても分かりやすいですよ。。

 

機種のランクで厚みが違う

 

メーカーの推しぐあいが分かりそうで面白いです。

 

D850

Nikonのフルサイズの上位機種モデル『D850』のカタログがこちら。

D850のカタログ表紙

 

厚みは約3mmでページ数が34ページになります。

 

D750

Nikonのフルサイズの中級モデル『D750』のカタログがこちら。

D750のカタログ表紙

 

そして厚みは約1.5mmでページ数が18ページ。

 

D7500

NikonのAPS-Cサイズの中級モデル『D7500』のカタログがこちら。

D7500のカタログ表紙

 

そして厚みは約1mmでページ数が14ページ。

 

D5600など

そして最後にAPS-Cサイズのエントリーモデルは、4機種が1冊にまとまっています。

エントリーカタログ表紙

 

そして厚みは約1mmでページ数が18ページ。

機種別にみると

  • D5600 4ページ
  • D3500 2ページ
  • D3400 2ページ
  • D5300 2ページ

※2ページ=見開き一面となります。

 

同じ厚さ1mmのD7500よりページ数が多いですが、エントリーモデルのカタログは紙が柔らかくて薄いです。

 

D850などのフルサイズ機は質の良さをアピールする為に、作例でページを使っている印象が強いです。逆にAPS-C機などエントリーモデルは、難しい説明は抜きにして身近な感じに仕上がっています。

フルサイズミラーレス『Z』

 

2018年にNikon初のフルサイズミラーレス『Z』が登場したのをご存知でしょうか。

ミラーレスとフルサイズを合体させたハイブリットモデルです。これからが大注目の機種です。

そのカタログがこちら。

フルサイズミラーレスZのカタログ表紙

 

そして厚みは約3mmでページ数が34ページになります。

 

2機種が掲載されているとはいえ、上位機種のD850と同じ厚みとはNikonの気持ちが伝わってきます。逆に1機種で34ページのD850がどれほど凄いかも分かります。

 

まとめ

 

ネットに掲載されている情報よりも、どこかメーカーのカメラに対する強い思いが伝わってきませんか?

店頭で実機を確認した際は、是非お目当てのカタログを持ち帰ってご覧になってください。
ちなみにお店でカタログを読んでいると、店員さんに声を掛けられやすいです。
最後までご覧いただきありがとうございます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセサリー
スポンサーリンク
ここまで見て頂けたらシェアお願いします♪
フォローする
Big-OneStep