中望遠 ~D5600を使い倒す【 サードパーティ製品 】

レンズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日は中望遠レンズに興味を持った経緯や、対応している純正レンズについて語っていました。チラッとどうぞ⇒『中望遠 ~D5600を使い倒したい【純正レンズ編】~

 

 

今回は『サードパーティ製品』を見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 TAMRON -タムロン-

 

 

まずはタムロンのラインナップを見てみましょう・・

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

あれ・・

 

 

対象となりそうなレンズがない笑。・・と思いながら諦めずに見てたら「14mm-150mm」ってのがありました♪

 

 

ん?ミラーレス用だと?笑

 

求める焦点距離が珍しいのか?いや、″中望遠″という言葉もあるぐらいなんでそんな事はないはずなんですけど、たまたま現在のラインナップにないだけでしょうね。生産終了モデルを軽く見た感じではチラホラありましたので。

 

単焦点レンズだと85mmや90mmなどありますが、あまり単焦点の良さが分かっていないのと、今は焦点距離が変化出来るものが良いので今回はパスです。

 

SIGMA -シグマ-

 

気を取り直して、シグマのラインナップを見ていきます。

 

 

実は初めてシグマのHPを見ましたが、もの凄く種類が多い!!

 

でも、見たいレンズを探しやすい仕様になっているので初心者には助かります笑

 

今回は下の2パターンで絞ってみます。

【カメラタイプから選ぶ】⇒当然ながら『APS-C用』

【レンズタイプから選ぶ】⇒①『標準』と②『望遠』で見ていきます。

 

 

カテゴリー:標準レンズ

 

出てきたのは8種類のレンズ。

 

希望に近いものが・・

 

出典:SIGMA

<17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM>

 

焦点距離は少し望遠側(70mm)が足りないかな~。100mmまであればストライクでした。まぁ~″35mm判換算″で見れば105mmなので、まさに中望遠なんですけどね笑。

 

ただ、個人的に魅力的だなと思ったのが、、【f値】

 

今所持している中では、標準レンズのF3.5が一番明るいので、『F2.8』は未経験の明るさ。ボケ具合も良さそうだなぁ。それにシャッターもガンガン切れるなぁ。

そして『MACRO』撮影も出来ちゃうのか。

 

焦点距離・・100mmまであったら良かったですが、一応、候補。

 

 

カテゴリー:望遠レンズ

 

出てきたのはまさかの1種類。

 

出典:SIGMA

<50-100mm F1.8 DC HSM>

 

おっ、おっ、焦点距離がちょうど良-い!ちょっと広角側が数字大きいけど。文句ばっかり

ただ、これぐらいならまだ物理的に自分が下がれば何とかなるレベルなので良しとする。望遠側がまさに100mmでストライクかな。

 

・・・

 

そんなことよりも、なんですか・・この、、F値!!

 

1.8とかどんだけ明るいの!?

しかも、まさかの″通し”!?

 

『F値が通し』ということは、焦点距離が変わっても明るさは変わらないって事です。

 

それだけのスペックを備えれば、そらぁ身もデカくなるよって感じの威風堂々なデザイン!質量は、まさかの1490g!!

ちなみにD5600本体の質量は約465gです。本体の約3倍の重さです。

 

そして、当然と言えば当然ですが、、お高いすよね笑

 

ネットで見ると、実勢価格は10万円以上です。

 

 

でも、これは納得です。スペックが良すぎます。

 

まとめ

今回はサードパーティ製品に焦点をあててみました。私が求める焦点距離が世間のニーズと違うのかな~と感じましたが、色々なレンズを見れて良かったです。これはまだまだ調査する必要があります。

 

さすがに10万円はキツイ!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レンズ
スポンサーリンク
ここまで見て頂けたらシェアお願いします♪
フォローする
Big-OneStep