D7500 & D5600 この組合せはメリットが優先する予感

D7500 カメラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

D7500が「買い足す候補」として急浮上しております。
今すぐ購入ではないですが。

D7500

出典:D7500 – 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

 

Nikonでの格付けとしては、現在使用しているD5600の上に位置するAPS-C機の中級モデルです。
買い足す場合は自然とD5600がサブ機になります。

 

価格や本体サイズなどを考慮してコンデジやミラーレスをサブ機にする方も多い中、D5600をサブ機にしてAPS-C機2台持ちとは何とも贅沢な気がします。

 

ただ、コンパクトかつ軽量なD5600にミラーレスを組み合わせるのは、お互いの良さをぶつけ合って逆に勿体ない気がします。

今はフルサイズミラーレスも続々と登場しているので、一概にミラーレス=安いとは言えません。

 

話がそれましたが、

  • なぜD7500なのか
  • なぜ買替ではなく買い足しなのか

 

このあたりを軽めにお話させていただきます。

 

スポンサーリンク

D7500を選択する理由

所有しているレンズを活かせる

ダブルズームキット

D7500はD5600と同じAPS-C機のであるため、現在所有している2つのレンズを問題なく使用出来ます。

ミラーレスやフルサイズにした場合は、別途レンズを購入する必要があるため金銭的にも厳しくなります。一応、マウントの変換アダプターもありますが、見た目があまり好きではないです。

 

使い慣れたレンズを無駄にすることなく2台のカメラをフル活用出来る!

 

D7500のコスパが非常に高い

コスパ

NikonのAPS-C機にはD500という最強のフラッグシップモデルが存在しますが、D7500はこのD500と同じ撮影性能を持ち合わせています。中級モデルの位置づけながら、中身は上級者でも満足出来る仕様となっているわけです。

 

 

発売当初は全体的に出来で見れば割高感がありましたが、発売から1年半経過したことで、価格が落ち着いて逆にコスパが高くなりました。

正直なところ購入はまだ先なので、さらにコスパが高まる可能性があります。

 

D500の最強スペックを要所で備えつつ、価格は円熟してコスパが高くなった!

 

 

買い足す理由

 

レンズ交換を減らしたい

レンズ交換

現状、所有しているレンズは標準レンズと望遠レンズの計2本あります。

スポーツ撮影では望遠レンズをメインに使用していますが、状況に応じて標準レンズが必要な時があります。簡単とは言え、とっさにレンズ交換は出来ないので結局スマホで撮影するということもしばしば。

 

レンズ交換をする時間があれば問題ないんですが、わりと急なタイミングが多いので少し困ります。

 

たまにテレビとかでカメラマンが複数のカメラを首や肩にかけているのを見かけませんか?あれはシャッターチャンスを逃さないために、レンズ交換ではなくカメラごと交換する準備をしているのでしょう。

 

もちろん私はプロではないので、そこまで切羽詰まる状況は少ないですが、軽量なD5600とD7500なら2台持ちで撮影に臨んでも大丈夫だと考えています。

 

まとめ

 

ざっと書きましたが、もっと深く調べて本当に必要なのかをクリアにしていきたいと思います。

 

D7500の事を書きながら思ったことは、D5600はサブ機としても優秀な機種だなと感じました。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カメラ
スポンサーリンク
ここまで見て頂けたらシェアお願いします♪
フォローする
Big-OneStep