ダブルズームキット D5600 ~レビュー用サンプルを撮影 ~

D5600 写真
スポンサーリンク
スポンサーリンク

D5600を購入検討している方が悩むポイントの一つとして、『レンズキットに付属しているレンズでどんな撮影が出来るのか』が出てきます。

 

お店のサンプル写真みたいに初心者でも撮影出来るのかしら。

趣味としては高い買い物。出来れば失敗したくない・・。

 

私も価格を含めて5時間店頭で悩んだ末に、【標準レンズ】が付いた” レンズキット “を購入しました。その4か月後に” ダブルズームキット “で付属する【望遠レンズ】を単品で追加購入。

 

結果的に『D5600 レンズキット』から『D5600 ダブルズームキット』にステップアップする奇妙な形となりました。

ダブルズームキット

 

 

そこで今回は、D5600購入から半年足らずの私が、全力でサンプル写真を撮影してきました

購入の参考にして頂ければ幸いです。

 

 サンプル画像には動物を中心に爬虫類なども含まれております。苦手な方は目次からサンプル画像を選んでください。
スポンサーリンク

撮影内容

 

今回、サンプル写真を撮影した条件や環境をお伝えします

 

撮影者

撮影時点での情報です。

  • 一眼レフ所有歴:約半年
  • 撮影ペース:月に2回程度
  • 撮影の勉強:独学

 

機材

今回撮影に使った機材です。

  • 一眼レフカメラ:D5600
  • 付属レンズ①:標準レンズ(18-55mm)
  • 付属レンズ②:望遠レンズ(70-300mm)

※三脚は使用せず、全て手持ちによる撮影です

 

撮影場所

今回は屋内8割、屋外2割です。当日の天気は晴天でした

  • 屋内:ニフレル(エキスポシティ内)
  • 屋外:エキスポシティ
生きているミュージアム ニフレル
大阪の万博公園で会える「生きているミュージアム ニフレル」。

 

サンプル写真

 

早速、撮影した写真をご覧いただきます。同じ被写体をズームの有無だけ変えて撮影してますが、細かい設定などはほとんどしていません。オートフォーカスでピントを合わせるぐらいです。

※画像サイズを約1/4にしております。
オリジナルサイズ(6000×4000)⇒ 掲載画像サイズ(1500×1000)

カメレオン

標準レンズ:広角

カメレオン広角

【撮影データ】1/125 秒 f/5.6 18 mm ISO 3200

 

標準レンズ:望遠

カメレオン望遠

【撮影データ】1/125 秒 f/5.6 55 mm ISO 3200

 

解説

標準レンズで『広角(引き)』と『望遠(寄り)』で撮影しました。太い赤文字(焦点距離)がその事を示しており、数字が大きい程、被写体にズームしています。撮影者の立ち位置は同じです。

 

望遠にするほど、被写体の背景(特に後ろの植物)がよりボケているのが分かります。

正直、このカラクリは分からなくても、被写体にピントを合わせたら自動的になります。背景がボケるので、被写体がくっきりして迫力が増します。

 

 

カピパラ

望遠レンズ:70mm(引き)

カピパラ広角

【撮影データ】1/1600 秒 f/5.6 70mm ISO 3200

 

望遠レンズ:300mm(大きく寄る)

カピパラ望遠

【撮影データ】1/4000 秒 f/6.3 300mm ISO 3200

 

解説

望遠レンズで『広角(引き)』と『望遠(寄り)』で撮影しました。広角といっても、標準レンズからすれば十分なズームです。そして最大望遠(300mm)にした時の迫力は凄いです。

 

ただ、よく見比べると2枚で違いがあります。それが赤い太文字(f/~)で示した部分ですが、私もカメラを購入した後に意味を知った項目です。

2つの写真を比べると、少し『明るさ』が違うかと思います。望遠にした方が少し暗くなっています。そして赤い太文字の数字が大きくなっています。これは『F値』と呼ばれるもので、レンズ選びでは非常に重要視されるところでもあります。

ただ、今は「F値が大きくなると、暗くなる」ぐらいの認識で十分だと思います。私もまだまだ詳しいカラクリは分かっていません。

 

鳥類

望遠レンズ:手前にピント

ピント手前

【撮影データ】1/80 秒 f/5.6 70mm ISO 3200

 

望遠レンズ:奥にピント

ピント奥

【撮影データ】1/160 秒 f/5.6 70mm ISO 3200

 

解説

一眼レフを持つと、やりたくなる撮影ですね。

ピントを自在に操って、同じ画角でも『主役』が違う写真が簡単に撮影できます。多少左右にカメラは動かしましたが、立ち位置は変わっていません。

ピントを変えるのは非常に簡単です。モニターをタッチして変えたり、ボタンで上下左右に動かしたり方法は色々あります。

 

 

その他サンプル集

 

その他のサンプル写真を一気にご紹介します。上記の画像サイズよりさらに小さくしております。この様な写真も撮れるというイメージで見て頂ければと思います。

ペリカン

サンプル1

【撮影データ】1/4000 秒 f/6.3 300mm ISO 3200(望遠レンズ)

 

綺麗な鳥

サンプル2

【撮影データ】1/100 秒 f/5.6 105mm ISO 3200(望遠レンズ)

 

鳥(目のアップ)

サンプル3

【撮影データ】1/125 秒 f/6.3 300mm ISO 3200(望遠レンズ)

 

魚(目のアップ)

サンプル4

【撮影データ】1/60 秒 f/5.6 55mm ISO 3200  (標準レンズ)

 

ガンダム(広角)

サンプル5

【撮影データ】1/500 秒 f/18 70mm ISO 1600(望遠レンズ)

 

ガンダム(望遠)

サンプル6

【撮影データ】1/500 秒 f/25 300mm ISO 1600(望遠レンズ)

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。特にカメラ側の設定などはほとんど変更してません。ズームをしてピントを合わせる事だけ気をつけていました。もちろんオートフォーカスでピントを合わせてますので、撮影技術はないです。シャッター半押しするだけです。

 

今回のサンプル写真は、『D5600ダブルズームキット』のカメラとレンズ2つがあれば撮影可能です。望遠レンズは、購入して3ヶ月ほどです。月2回程度の撮影活動しかしてませんので、今回で5回目ぐらいです。

 

普段はスポーツシーンの撮影で一眼レフを楽しんでおります。割と速い被写体を撮影するにはまだまだ技術が足りずピントが合わない事も多々あります。こればっかりは習うより慣れる方が早いです。

ただ今回の様に比較的動きのない被写体であれば、ピントを合わせるだけで撮れます。あとは画角(被写体の配置や角度など)を決めるセンスだけですね。

 

>>『D5600で撮影した” 郡山城 (跡)”の風景と桜15枚』

D5600で撮影した" 郡山城 (跡)"の風景と桜15枚
D5600ダブルズームキットのレビュー記事となります。今回は奈良県にある『郡山城跡』まで足を運び、春の定番「桜」を中心に撮影してきました。「日本の桜百選」にも選ばれているだけあり、標準レンズで雄大な写真、望遠レンズで迫力ある桜の写真が撮影出来ました。最寄り駅の「近鉄郡山駅」からもアクセスが良く、機会があれば来年も撮影したいロケーションでした。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
写真
スポンサーリンク
ここまで見て頂けたらシェアお願いします♪
フォローする
Big-OneStep