バッテリー 予備と知識があれば互換性も心配なし?

アクセサリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

望遠レンズを手に入れて早1ヶ月程が経過しました。

購入時の記事⇒『” 決め手 “はコレ!D5600の望遠レンズが決まりました

 

 

素人なりに思い描いてた写真が撮れており満足してます。

 

ひとまずレンズへの欲求が一旦落ち着いたんですが、次は周辺パーツに気持ちが向いてきました。笑

 

今回は『バッテリー』について色々と調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

撮影可能コマ数(電池寿命)

 

以前は、1日の撮影枚数も多くなかったので、バッテリーなど全く気にしていませんでした。

ところが望遠レンズをゲットした後は、朝から夕方まで撮影する機会が増えてきました。そして撮影した後にゆっくり写真の確認をしてたら、初めて1日でバッテリーメモリが1個まで減りました。

 

撮影が楽しく撮影枚数が格段に増えたので、当然と言えば当然です。

 

ちなみにバッテリー持ちは撮影可能コマ数で表現されます。

 

私が使用しているNikon D5600の場合、使用するバッテリーは『Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a』と言うものです。

この2つを組み合わせた場合の撮影可能コマ数は約970コマです。

 

バッテリー バッテリー

※バッテリーが同じでも使用するカメラによってコマ数は異なります。

あくまでも目安なので、撮影内容(画質やフラッシュの有無など)によっては変動します。

 

バッテリー 消耗について

 

その日は970枚も撮影はしていませんが、様々な要因でバッテリーの消耗が早くなることはあります。ニコンの公式でも電池消耗に関する記載がありますが、いくつか気になったものがありましたのでご紹介します。

Nikon公式はこちら

※『D7500>オンラインマニュアル>資料>撮影可能コマ数(電池寿命)について』のページに飛びます。バッテリーの種類は違いますが、同じ事が言えるので参考にしました。

 

シャッターボタンの半押しを続ける

 

デフォルトの設定ではピントを合わせる作業になりますが、消耗に影響してるんですね笑。恐らく長々としていると余計に消耗するよってことでしょうけど、最初はビシッとピント合わせたいから必要以上にしてしまいますよね。

 

BluetoothおよびWi-Fi(無線LAN)機能

 

撮影した写真をすぐスマホに移動出来るのでよく使います。まぁ、撮影以外の機能なので撮影コマ数に影響が出るのは当然ですね。ただ、これに関してはあまり気にしないです。

なぜなら、これがD5600を購入した理由でもあるから笑

 

オートフォーカスのレンズ駆動を繰り返す

 

これも先ほどの半押し同様、、余計にやってる気がします笑。特にスポーツメインで撮影をしている私は余計にしていると思います。技術をあげれば無駄なフォーカスも減るんでしょうけど、これは時間がかかりそうです。

 

AF-Pレンズ使用時にズーム操作を繰り返す

 

・・・ちょっと笑。今持ってるレンズ、どちらもAF-Pなんですけど。。

オートフォーカスが静かで速い分、消耗も早いのかな。これは仕方ないですね。

 

 

 

要は余計なオートフォーカスやピント合わせを減らせば、バッテリーを長持ちさせることに繋がるってことですかね笑。技術向上とともに頑張りましょ!!

 

 

互換バッテリー

 

今後まだまだ撮影機会も増えると思いますし、バッテリー残量を気にしながら撮影もしたくないので、一応予備バッテリーを買っておこうかなと思っています。バッテリーなければただの荷物ですからね笑。

 

ただ、バッテリーもなかなか安くないんですよねほんとお金がかかる趣味だ

 

先ほどお伝えした『Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a』も定価は5400円(税込み)です。

先日、とある大型電機店の店頭で値段聞いたら『5000円ぐらいですね』と言われました。まさかのほぼ定価でビックリ!

 

なのでネットで調べました。

 

そしたら1000円台で売っていたり、まさかの2個で3000円以下のものまで販売してました。

 

 

『安く買えるやん!さっそく買おう!!』

 

 

ただ、、、

 

よく見ると、、

 

 

互換バッテリー』や『互換品』という文字が記載されていました。

 

 

要はNikon純正品ではないけど、同じ様なもの作りましたよってやつです。

 

鵜呑みにしてはダメですが、色んなレビューや諸先輩方のご意見を見ていると、値段相応みたいです。もちろん全てがダメではないみたいですが、心配性な私は、、おそらく純正品を買うと思います。下手したら店頭で買うかも笑

 

やはりカメラ本体の中に入れるものなので、下手な事したらカメラ本体にも何かしらの影響出るんじゃないかと無駄に心配してしまいます。そんな心配するぐらいなら、、という感じです。ビビり過ぎ

 

ちなみにD5600に対応していない互換バッテリーはチラホラありました。機種によって何か違うんでしょうか。とりあえず、互換バッテリーを買う時は対応デバイスもちゃんと確認する必要がありますね。

 

ご購入は自己責任ですよ。。笑

 

まとめ

 

撮影しているときは夢中になっているので、あまりバッテリーとか撮影枚数などは気にならないのが現実。。今後ふとした瞬間にバッテリー切れとかなりそうです。

バッテリーがないと何も出来ませんので、近々購入すると思います。

 

最初は純正品で安心を買おう!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセサリー
スポンサーリンク
ここまで見て頂けたらシェアお願いします♪
フォローする
Big-OneStep